自律神経の乱れ

2020.08.06

【自律神経の乱れ】

 

自律神経とは、呼吸や消化、血液循環などの自分の意識をしなくても「体を維持する為の機能を無意識に調整しているもの」をいいます。

この自律神経は、交感神経と副交感神経で調整されています。

 

交感神経

活動するとき、緊張しているとき、ストレスを感じているとき、睡眠不足などで優位となります。

 

副交感神経

休息しているとき、気持ちが落ち着いてるとき、リラックスしているときなどで優位になります。

 

 

様々なストレスに対して対応するのに自律神経(主に交感神経)が反応を起こします。

仕事の忙しさや、対人関係、働き方の多様化、不規則な生活、栄養バランスの崩れ、温度変化…など様々です。

 

多くのストレスに晒されることで自律神経の働きが偏ったり、今の季節では外の暑さとエアコンの効いた室内の涼しさで、交感神経と副交感神経が過剰に働き、バランスが崩れ様々な不調が引き起こしてしまうのです。

 

頭痛、めまい、耳鳴り、脱力感、疲労感、睡眠の質の低下、消化不良、食欲不振…などなど。

もしかしたら、あなたの不調は自律神経の乱れかもしれません。

 

そんな症状がある方は、当院の【針灸治療】で体内環境を整え調子を上げていきましょう!

 

気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

整体ふくろう 併設 ふくろう針灸院

住所 東京都荒川区東尾久1-31-17 昭和ビル1階

電話 → 03-6458-2909

LINE → https://line.me/ti/p/FpmHeHS2UJ