自律神経を乱す原因

2020.10.15

今回は自律神経を乱す生活要因についてです!

 

下記のような生活に当てはまるものはありませんか?

 

・忙しいと食事を抜く

・食事時間が不規則になりやすい

・深夜や就寝直前にものを食べる

・睡眠の質が悪い(不規則、時間が短い、眠りが浅い)

・勤務時間が不規則である

・余計な仕事を抱え込む

・効果や結果を優先する

・休養やプライベートな時間が少ない

・休日を寝て過ごしている

・定期的な運動を行っていない

・運動自体がストレスになっている

 

思い当たる項目はありませんか?

それだけ、日常生活の中でストレスは溜まってしまいます。

そのストレスをうまく解消できればよいですが、それが出来ず身体の不調が出てきてしまい、さらにストレスが溜まって…と悪循環になってしまいます。

 

ストレスは交感神経を優位にします。
それが長く続いてしまうと、交感神経が興奮したままになってしまい、身体を休まらなく(副交感神経が働きにくく)なってしまいます。

そうすると筋肉が硬くなったり血流が悪くなってしまい、ケガ、痛み、不調の原因となります。

 

鍼灸施術を受けることで、交感神経の興奮を抑え副交感神経が優位になり、筋緊張の緩和、血流増加が見込まれます。

施術で身体の状態をリセットし自己治癒力を上げていきましょう!

 

気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

整体ふくろう 併設 ふくろう針灸院

住所 東京都荒川区東尾久1-31-17 昭和ビル1階

電話 → 03-6458-2909

LINE → https://line.me/ti/p/FpmHeHS2UJ