体調を崩さないためにすること

2021.01.14

東京の荒川区東尾久にある ふくろう針灸院 併設 整体ふくろうです!

 

今日は、「体の調子を崩さない為にする事」について書いていきます。
特別なことではないのですが、意外と出来てない!出来ない!やってない事!って方が多いと思います。

基本的には

・身体の疲れを溜めない、回復させる
・ストレスを溜めない、発散する

そして

・適度な運動
・バランスの良い食事
・自分に合った睡眠時間の確保と寝る時間帯
・身体を温める、体を冷やさない

です!

当たり前といえば当たり前の事なんですが、なかなか自分の生活を見直してみると出来ていない事も多いです。

その中でも毎日行っている「睡眠」について

睡眠の時間は、その人の体質もあったりするので一概にいえませんが一般的に「6~7時間程度」が良いとされています。
あまり長い時間寝てしまうと。体の緊張が強くなったり、代謝が落ちてしまったり、という事もあるので長い睡眠には注意が必要です。自分に合った適切な睡眠時間を見つけましょう!

また、質の良い睡眠をとるためには夜10時~夜中2時の間には寝ているのが良いとされています。
それは、その時間帯に分泌される「成長ホルモン」が疲労回復に重要とされているので、夜更かししている方は生活のリズムを整えてみると良いかもしれません。

体を温めるのに良い「お風呂」は睡眠の1時間前には入っておきましょう。
寝る直前に入ってしまうと、体温の上昇で覚醒状態になってしまい眠れなくなってしまいます。体温が上がりきった後、下がる時に眠気がきますので、その時が寝るのに丁度良いタイミングです。

「睡眠」を整える疲労回復させるだけでも体調を崩しにくくなるので、少し見直してはいかがでしょうか?

 

普段の生活で気を付けると良いこと。

それは「足を冷やさない」です。

足を冷やすと、心臓に戻る血液が冷え内臓を冷やしてしまいます。

また、上が熱く下が冷たい状態は身体が「のぼせてる」状態になってしまい。頭痛、めまい、吐き気などの自律神経が乱れやすくなります。(交感神経が優位)

自律神経が乱れた状態は、身体の緊張も強くなり、疲労感が増したり、夜の睡眠にも影響が出てきます。

デスクワークなどで動かない、動くことが少ないという方も多いので、足にカイロを貼って対策するのも良いですね。

 

 

お身体の気になる症状、不調などがございましたら、お気軽にご相談ください ^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

整体ふくろう 併設 ふくろう針灸院
住所 東京都荒川区東尾久1-31-17 昭和ビル1階

[ご予約・お問い合わせ]
電話 → 03-6458-2909
LINE → https://line.me/ti/p/FpmHeHS2UJ

〔アクセス〕
日暮里舎人ライナー【赤土小学校前】より、徒歩 約5分
京成本線【新三河島駅】より、徒歩 約10分
JR【田端駅】より、徒歩 約15分
都電荒川線【町屋二丁目】より、徒歩 約15分