仕事を頑張る人は、季節の変わり目と大型連休に注意

2022.06.23

こんばんは!

東京の荒川区東尾久にある ふくろう針灸院 併設 整体ふくろうです!

仕事を頑張る人が、季節の変わり目と大型連休はなぜ気を付けた方が良いのか。書いていきます。

 

ストレスで交感神経が優位になっている

仕事を頑張っている人、日々ストレスにさらされています。

・休みの日も仕事を頑張っている
・残業が多い人
・根詰めて仕事をしてしまう
・仕事に追われている
・休みの日でも仕事のことを考えてしまう
・周りを気にしてしまう
・睡眠の質が悪い、夜の眠りが浅い

このようなストレスによって体は交感神経が優位になってしまいます。

頑張っている人は、仕事から離れられず、自分のことが二の次になってしまいます。

 

交感神経が優位になると体内の抵抗力が下がる

交感神経が優位になると、細菌感染や寄生虫など表面・外部からの刺激に対する抵抗力を高めます。
また、アドレナリンなどのホルモン分泌により、痛みや不安・緊張の緩和、ストレス状態から身体を守る、消化活動を抑える、心拍数を上げる、筋肉の血流を促し身体が動きやすい様にする、身体の内部に侵入したウイルスなどに対する抵抗力(免疫力)の低下、というような事が身体の中では起こっています。

 

副交感神経が優位になると体内の抵抗力が上がる

副交感神経が優位になった場合は、交感神経優位の時のおおよそ反対のことが起こります。
体内に侵入してきたウイルスに対する抵抗力の上昇、消化活動を高める、心拍数を抑える、筋血流量を低下させる、などです。

 

季節の変わり目と大型連休で最後の一押しをしてしまう

交感神経が優位になっていると、身体が疲れや、ストレスが多い状態に対応しようとしてしまいます。

そこに、季節の変わり目で気温の変化に対応しようとするときに更に疲れてしまい、それがきっかけで身体の不調が表れる事が多いです。

また、大型連休の時には、気が張っている状態から解放され気が緩みます(副交感神経優位)。
この時に、脳が身体の状態を把握し状態の悪さを元に戻そうとする働き、体内の病原体に攻撃するために体温を上昇させたりと、結果的に体の不調を引き起こしてしまいます。

 

自律神経のバランスを崩さないようにする

ストレスに長期間さらされていると、交感神経が優位になってしまいます。

自律神経(交感神経と副交感神経)はどちらも、身体の免疫力に関わるものです。
ですが、どちらかが過剰に働きすぎても良くありません。適度な切り替えを行うことで体調が整い、不調を回避する事ができます。

 

こちらの記事も是非お読みください!
自律神経の乱れってなに?
簡単にできる自律神経を整える方法

 

鍼灸にできる事

鍼灸の施術は、副交感神経を優位にすると言われています。

・身体の調子良くない
・最近忙しい
・疲れてる気がする
・気を張っている
・睡眠の質が悪い
・肩こり、腰が痛い、眼が疲れてる
・身体が冷えてる

こんな事を感じたら鍼灸の施術をお勧めします!

普段より強い症状がでたり、不調が動けなくなる前に早めに身体を労ってください。

 

自律神経が乱れてるかな?単純な疲れなのかな?病院に行くほどでもないけど…

など、何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください ^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

整体ふくろう 併設 ふくろう針灸院
住所 東京都荒川区東尾久1-31-17 昭和ビル1階

[ご予約・お問い合わせ]
電話 → 03-6458-2909
LINE → https://line.me/ti/p/FpmHeHS2UJ

〔アクセス〕
日暮里舎人ライナー【赤土小学校前】より、徒歩 約5分
京成本線【新三河島駅】より、徒歩 約10分
JR【田端駅】より、徒歩 約15分
都電荒川線【町屋二丁目】より、徒歩 約15分